Interplay

キース・ジャレット購入以降、ジャズの作品を更に買うようになりました。
とは言っても、貧乏学生、廉価盤を漁る日々でございます(苦笑)。

先日は、ビル・エヴァンスでは珍しい、クインテットの「Interplay」を1,100円(!)で入手。
c0166634_22372951.jpg

パーシー・ヒース(B)、フィリー・ジョー・ジョーンズ(Dr)のリズム隊に、ジム・ホールのギター、フレディ・ハバードのトランペット、そこにエヴァンスのピアノが混ざれば、それはそれは極上のサウンド。
タイトル通り、絶妙な“インタープレイ”を聴かせてくれます。
実にスウィンギーなサウンドで、聴いていて楽しくなるんですよね♪
特にWhen You Wish Upon A Starなんかは、素晴らしい演奏!

こちらもバイト代が大量にあるわけではないので、なるべく“安く多く”をテーマに盤を買い続ける日々。
ジャズの廉価盤シリーズは、俺の味方!!!
Commented by nowhere1967 at 2012-11-11 22:53
これも良さそうなアルバムですね~・・・。
しかし、ここ数ヵ月CDやらDVDを買いすぎているので購入を控えたいのですが。
う~ん、でも気になります(笑)
Commented by ryo_1989 at 2012-11-12 23:34
nowhereさん、こちらにもどうもです!
僕も買い過ぎでして(汗)、セーブしなきゃな、とは思いますが、どんどん気になるアルバムが出てくるんですよね。
ホント、キリがない(笑)。
by ryo_1989 | 2012-11-10 22:42 | 買ったCD | Comments(2)

1989年(平成元年)生まれの音楽ファンによる音楽感想文集♪


by ryo