Runaway Boys

ブランキー・ジェット・シティ経由で、"ネオロカビリー"を初めて聴いた。
そのカッコ良さに、唖然としている。
c0166634_20115482.jpg

ストレイキャッツの1st。
あの、あの有名なブライアン・セッツァーがギターを担当していたバンド。

"ロカビリー"っていうと、「古臭い」「ダサい」なんて考える方もいるかもしれない。
でも、騙されたと思って、大音量で聴いてみて欲しい。

絶妙なグルーヴ。
サウンドの"タメ"。
キレッキレのギター。

とにかくカッコ良い。
ベンジー(浅井健一氏)が大好きで、BJCのサウンドに多大な影響を与えていたことが、よく分かる。
特にRunaway BoysとRumble In Brightonは必聴。
疾走感と、リフの鋭さに感動してしまう。

こうやって、「あのバンドが影響を受けた」「あのシンガーがファンだったバンド」
ってな具合で、色んな音楽を聴くのって、素晴らしいことなんだとなぁ・・・と改めて思った。
Commented by hedoron at 2012-09-23 23:02
いやぁ、やっぱ米国からパンクNWの頃の英国へ渡ったせいでの?ロカビリーよりもっとパンキッシュなサウンド、これがいいんだよね〜♪
DE氏のプロデュースも相性バッチリって感じだし…トラックバックしちゃいましたよ…うふ♪
Commented by rollingwest at 2012-09-24 21:59
このバンドの名前はよく耳にしたのですが、今一つ不勉強なまま現在に至っております。どのようなバンドでどのような評価なのでしょうか?
Commented by ryo_1989 at 2012-09-24 22:23
へどろんさん、どうもです!
そうなんですよね!
プレスリーやチャック・ベリーとかのR&Rではなく、NW臭さがするのがミソですね。TB、あざーす!DE氏、流石としか言えません!
Commented by ryo_1989 at 2012-09-24 22:24
RWさん、どうもです!
いわゆる「ロカビリー」ですが、クラッシュのような「パンク」、リフの鋭さから、ZEPっぽさも感じます。是非是非♪
Commented by ヨッシー at 2012-09-24 23:03 x
ストレイキャッツ!バンド時代も大好きだけど、ブライアン・セッツァーのソロ・アルバムもいいよ~♪
Commented by ryo_1989 at 2012-09-25 22:50
ヨッシーさん、お久しぶりです!
ブライアン・セッツァーのソロ、気になってます。
きっと極上のR&Rで一杯なはず♪
Commented by FHIROSE2 at 2012-09-27 06:54
遅レスです。
リアルタイムでは、1stからのRock This Townや, 83年のSexy+17あたりをMTVなんかでチラホラ目にした程度であまり熱心に聴かなかったんですが、後からハマりましたね。
ネオロカの一群にもかなり幅がありますが、皆さん書かれているように、かなりパンク/ニューウェイヴとのハイブリッドがあって、そこが食い付きの良さにつながっているのかもしれませんな。
Commented by ryo_1989 at 2012-09-27 23:15
ひろぽんさん、どうもです!

>83年のSexy+17

コレ、聴きたいんですよぉ。気になります。
「ロカビリー」でありながら、NWやパンクの要素を取り入れたサウンドはストレイキャッツにしかできません。小生、ここから、ブライアン・セッツァー・オーケストラに流れそうになってます(笑)。
by ryo_1989 | 2012-09-23 20:17 | 買ったCD | Comments(8)

1989年(平成元年)生まれの音楽ファンによる音楽感想文集♪


by ryo