The March Of The Black Queen

夏休みに入りまして、いつもより3割増しで音楽聴いてます。
もとい、漁盤もちょいちょい行っておりまして、昨日は新宿ユニオン本館1Fへ。
いつもの通り、特価品コーナーへ行くと、Queenの2011リマスター(2CD)が未開封で1,000円!
1stと2ndの最新規格盤を、合計2,000円でゲットできちゃいました♪

今は2nd、聴いてます。
c0166634_166551.jpg

いやぁ、何回聴いても鳥肌が起ってしまう。
ブライアン・メイ主体の"ホワイトサイド"も、フレディ主体の"ブラックサイド"も素晴らしすぎる!
"ホワイト"はSome Day One Dayが特にお気に入り。荘厳な雰囲気が漂うアルバムだけに、このようなアコースティックなサウンドが沁みる沁みる。Father To Son~White Queen (As It Began)の流れも含め、"ホワイトサイド"も大好きなんだけど・・・

やっぱり"ブラックサイド"でしょう!
ハッキリいって、初期Queenの魅力、全てが詰まっていると言っても過言ではない!
Ogre Battleからダークに始まったと思えば、突如ファンタスティックにThe Fairy Feller's Master-Strokeに流れ、コーラスが美しいNevermoreへ繋がり、The March Of The Black Queen~Funny How Love Isの、"ロック史上"燦然と輝くメドレーへ・・・。
もうね、言うことなんかない!ただただ圧巻。

そんなわけで、僕の個人的な"Queen最高傑作"は2nd!
これは2001年に初めて聴いた時から変わってないぞ!

ただ、そんな大名盤だけに、ボーナスディスクの中途半端さ加減にゲンナリ。
音源あるなら、出し惜しみすんなよな。
Commented by fmbmrtjd-mmkkai at 2012-08-06 23:34
僕もクイーンの最高傑作は「オペラ座」でなくて、「クイーンⅡ」だと思います!
ブライアン大好きの僕はホワイトのほうが愛着がありますが、圧倒されるのはブラックですね!
「ネバーモア」は大好きなバラードです。「マーチ・オブ・ザ・ブラック・クイーン」から「Funny How Love Is」に入る瞬間のあの高揚感といったら・・・

僕が持ってるのは2001年リマスター盤なので、去年のも2ndは買いたいです。
Commented by OASI-Z at 2012-08-07 15:49 x
私も2011年リマスター・シリーズの1st~4thを購入しましたが、
1stと2ndの音の緊張感(特に1st)が、ハンパないですね。
私も、フレディのエンターテイメントな部分がバンドを支配する前の
このアルバムが「最高傑作」だと思います。

でも、ボートラは確かに期待外れでしたね・・・(苦笑)。
Commented by ryo_1989 at 2012-08-07 17:34
fmbmrtjd-mmkkaiさん、どうもです!
一般的に評価されて、脚光を浴びるのは「オペラ座」ばかり。勿論叩かれてはいないので、良いのですが、そうは言っても2ndのサウンドは壮絶過ぎる。コレを聴いちゃうと、下手なロックオペラが聴けなくなります(笑)フレディ大好きなので、彼の才能がほとばしっているブラックサイドには思い入れがあります。勿論ホワイトサイドも大好きです、ロジャーの曲はいらなかっ気もしますが(苦笑)。
僕も3rdを安価で探している途中です♪
Commented by ryo_1989 at 2012-08-07 17:36
OASI-Zさん、どうもです!
3rdと「オペラ座」は気になるなぁ。特に「ボヘミアン・ラプソディ」の音質が気になります。1stのようにピリピリした空気感が伝わってくる音質なら大満足なんですが。
しかし、"EP"と称して、出し惜しみするのは遺憾に思います。
なんならボックスセット出しても良いのに(笑)。
by ryo_1989 | 2012-08-06 16:16 | 買ったCD | Comments(4)

1989年(平成元年)生まれの音楽ファンによる音楽感想文集♪


by ryo