Sunday At The Village Vanguard

先日のエヴァンス箱から、「Sunday At The Village Vanguard」をピックアップ。
c0166634_1465937.jpg

完全盤も登場している、「ヴィレヴァン」音源だが、オリジナルそのものでも十分に演奏を堪能できる。
まず、スコット・ラファロが凄すぎる。ラファロの太くしなやかなベースに鳥肌が起つ。
音数も非常に多く、尋常ないテクニックを持っていたことを再確認。
特にソロ部分のラファロは、神懸かっているとしか思えない。

ポール・モチアンのドラムスは、大人しめかな。それでもスイングする演奏に快感を覚える。
勿論、エヴァンスのピアノは美しく、凛々しい音になっている。

とはいえ、やはり主役はラファロかなぁ、と思う。
この数年後、彼は事故死している。
伝説となったのだ。
Commented by hirowilbury at 2012-07-19 07:47 x
完全版は完全版で素晴らしい。
しかし、あれを編集して1枚に纏め上げた編集力。
このオリジナル版でも当日の会場の雰囲気、ビルの演奏の素晴らしさは伝わってきますね。
フーの「リーズ」もそうでしたが、オリジナルはオリジナルのよさ、完全版はあれはあれで別物、として聴いてます。
しかし、ジャケット素晴らしいね。
Commented by ryo_1989 at 2012-07-20 03:24
hirowilburyさん、どうもです!
確かにWhoの「リーズ」に関しては、あのオリジナルの短さこそが肝だった感じもしますよね。最近、ライブ盤のDXエディションがたくさんリリースされて、嬉しくて買っちゃう場合も多いですが、旧規格盤は手放せません。オリジナルの良さ♪
でも「ヴィレヴァン」は完全盤が欲しいな!
by ryo_1989 | 2012-07-19 01:40 | 買ったCD | Comments(2)

1989年(平成元年)生まれの音楽ファンによる音楽感想文集♪


by ryo