原子心母

昨日はブログ更新できなかった・・・大学のレポート書いてて、寝落ちしてた(笑)。

そんで・・・レポート書きながら、コレを聴いていました。
c0166634_0342688.jpg

ピンク・フロイドのロック史に残る、大名盤「原子心母」でございます。

やはり、1曲目のAtom Heart Mother Suiteの練りに練られた楽曲構成に限りますね。
よくぞここまで複雑な交響曲を作り上げたものだ。
オーケストラをバックに、壮大過ぎるサウンドは、ちょっとやそっとのアーティストでは表現できませんよ。

・・・と書きましたが、本当に好きなのは、B面の牧歌的な佳曲群。
Ifの穏やかなアコギの音も、Summer '68のポップなコーラスも、Fat Old Sunのギターソロも・・・
A面のAtom Heart Mother Suiteが複雑過ぎる為に、シンプルな楽曲がよりシンプルに感じます。
Alan's Psychedelic Breakfastも、タイトル通りのサイケな音が素敵ですよね。

やっぱり「原子心母」はA面よりも、B面が好き!

って方も多いのかなぁ。
「おせっかい」の2~5曲目に繋がる、優しい音色を聴かせてくれるB面、僕も大好きです!
Commented by rollingwest at 2012-06-09 13:34
やはり小生にとってはこの「原子心母」「おせっかい」が一番ですね~。(狂気は意外とあまり好きではないのです)
サマー68は以前紹介しましたが、その文中に「原子心母」のA面をリンクに張りました。
次回のピンクフロイドの紹介曲は、ローマ古代遺跡の前で歌うリックライトの「エコーズ」と決めております。
Commented by nowhere1967 at 2012-06-09 23:35
『原子心母』という、そのまんまな邦題がいいですよね。
牛のジャケットも^^
たしかにA面の大作は素晴らしいですが、
B面も捨てがたい曲ばかりですね。
Commented by ryo_1989 at 2012-06-10 00:45
RWさん、こちらにもどうもです!

>「原子心母」「おせっかい」が一番ですね~。

まったくの同意見です、まぁ「狂気」は結構好きなんですけどね。
牧歌的なB面の曲が大好きで、ってことは必然的に「おせっかい」の2~5曲目が好みのなるのです。ポンペイでのライブDVD、ちょっと前までAmazonで安かったのに、買い損ねました(泣)。
Commented by ryo_1989 at 2012-06-10 00:47
nowhereさん、お久しぶりです!
この「原子心母」って邦題、実は最もセンスのある邦題ではないかと思っています。日本のロックファンは「原子心母」ってタイトルに思い入れがある方も多いのでしょうね。
B面の地味ながら、優しいフロイドが大好きです♪
Commented by hirowilbury at 2012-06-11 20:31 x
小生「丑年」につきこのジャケには非常に愛着があります。部屋にアナログ飾って、何か困ったときにはこの丑君に問いかけます。すると、あら不思議と気が楽になります(笑)
なので、小生が一番好きな彼らのアルバムは、これっ(笑)
Commented by ryo_1989 at 2012-06-11 23:42
hirowilburyさん、どうもです!
おお、それはなかなか運命的なジャケットなんですね(笑)。
僕の場合はスミスのアルバムに頼っちゃいます。
フロイドは一番好きなのが、やはり「狂気」なのですが、「アニマルズ」も捨てがたいし、「おせっかい」も然り。
フロイド、やっぱり凄いバンドです。
by ryo_1989 | 2012-06-09 01:16 | 買ったCD | Comments(6)

1989年(平成元年)生まれの音楽ファンによる音楽感想文集♪


by ryo