Keep On Running

EC/SWを観に行く前に、スペンサー・デイヴィス・グループのアンソロジーを買っていた。
c0166634_0385270.jpg

やはり、ウィンウッドは若い時からタダモノではなかった。
とにかく"黒い"ボーカルが最高にカッコイイ。
Keep On RunningとI'm A Man、Gimme Some Lovin'が特に好きな曲かな。
あんまり注目されてないけど、マフ・ウィンウッドのベースとピート・ヨークのドラムスが相性グー。
とにかく古い音源ではあるけれども、前々古臭さを感じません。
これが未だにウィンウッドのライブでSDGが取り上げられるポイントかな。

あぁ、紙で初CD化されたオリジナルアルバム、買っておけばよかった。
ジョージー・フェイムも1stしか買ってないしなぁ、うぅむ。
Commented by うーたん at 2012-01-20 09:30 x
今年はiPodでモノラルしか聴かないと決めたので、持ってるCDでモノラルのやつを探していたら、スペンサー・デイヴィスの「Eight Gigs A Week」ってのがありました。
これは全曲モノラルで、スペンサー・デイヴィスが英フォンタナで発売した全てを収録した優れもの。
3枚の英オリジナルアルバムの曲順に直して(A/B面も振り分けて)聴くと、すごく新鮮に感じるから不思議です。
こうすると、Gimme Some Lovin'もI'm A ManもiPodに入らないという事態が生じるけど、それも乙なもので、最近はスペンサー・デイヴィスばかり聴いています。
ryo君の記事のRPMレーベルの2枚のライヴ盤、僕もずっと欲しいと思っていて、いつもカートには入れてあるのですが…。

ジョージー・フェイムについても然り、です。
Commented by ryo_1989 at 2012-01-20 16:40
うーたんさん、どうもです!
モノしか聴かない、ってなんか素晴らしいコンセプトじゃないですか♪
おっしゃってましたよね?
確かにちょっと前にキンクスの「ヴィレッジ・グリーン」をボートラのモノ音源だけ抜いて聴きました。音の迫力、というより音の塊を聴いている感じがして、非常にスリリングな音楽体験でした。
ビートルズのモノ箱も欲しいんですけど、今年はライブにたくさん行きたいので、盤の方はちょっと制限しています。
このSDGのアンソロジー、良いですよ♪
ウィンウッド脱退後の音源も組み込まれているので、スペンサー・デイヴィスがどんな音楽をやりたかったのかがよくわかります。
ジョージー・フェイム、買っておけば良かった(泣)。
by ryo_1989 | 2012-01-14 00:43 | 買ったCD | Comments(2)

1989年(平成元年)生まれの音楽ファンによる音楽感想文集♪


by ryo