Rubber Soul

「アビーロード」と一緒に買ったのもビートルズ。
初期(Please Please Me,With the Beatles,ヤーヤーヤー)はひとまずスルー。
で、「ビートルズの中期の傑作といえば?」
コレしかないよね。
c0166634_0342585.jpg

とにかく初めて聴いた時に、Drive My Carで鳥肌が起ったのを生々しく覚えている。
もう異質のカッコ良さであった。黒いポールの声とベース、超絶カッコいいジョンのコーラス。
モータウンがどーのこーのは関係まったくナシ!とにかく名曲過ぎる名曲である。

以前、まったくビートルズを知らない同級生が、
「なぁ、ビートルズのアルバムだと何から聴くべき?」
と問い詰められ、ドヤ顔で「Rubber Soul」と言い放った覚えがある。

You Won't See Me、Nowhere Man、I'm Looking Through You...
ビートルズのビートリーな14曲。
Norwegian Wood、Michelle、In My Lifeなど実に味わい深いバラードも入っている。
コレ以上、"ビートルズの良さ"をストレートに聴かせてくれるアルバムって、実はあまり無いのでは!?
そして、それはRubber Soulなのでは!?
Commented by miyamoa at 2011-12-19 01:21
曲名を日本語に付け替えるのはあまり好きではないのですが、
このアルバムの「Nowhere Man」を「ひとりぼっちのあいつ」って何かいいって思っているのは俺だけかな(笑)
Commented by うーたん at 2011-12-19 01:22 x
長い間「Revolver」の方が好きだったが、最近はそうでもない。
長い間Drive My Carの異質さをビートルズのものとして受け容れられなかったが、最近はそんなこともない。
「Rubber Soul」が、モノ盤を聴いて一番印象が変わったアルバムかも知れない。
僕も人に薦めるなら「Rubber Soul」だが、これを聴いてダメなら、きっと過去に遡っても先に進んでもダメだろうと思うから。
だからryo君の言うとおりだと思います!
Commented by ryo_1989 at 2011-12-19 19:25
ミヤモーさん、どうもです!
「ひとりぼっちのあいつ」良いですよね(笑)。
I Wanna Hold Your Handの「抱きしめたい」は、直訳すると「手を握りたい」じゃないんか!?・・・と思ったり(笑)。
Commented by ryo_1989 at 2011-12-19 19:27
うーたんさん、どうもです!
Revolverは「ロック・ミュージック!」って感覚がありますね。
で、Rubber Soulが「ポップ・ミュージック」。
モノ欲しいなぁ、Amazonで16,000円くらいだったな。
印象変わりそうです。ステレオで聴くビートルズも素敵だけど、「音の塊」も良いのかなぁ、と。
Commented by rollingwest at 2011-12-19 21:21
インマイライフ、毎回カラオケで歌う定番です。
Commented by ryo_1989 at 2011-12-19 22:59
ローリングウエストさん、どうもです!
僕もIn My Life歌います♪
ビートルズは歌いやすい曲が多いですよね。
Commented by Dr.T at 2011-12-19 23:21 x
こんばんは。今日もちょっと書かせてください。ryo君のこのブログみて僕も今夜久しぶりにDrive My Carを聴いてしまいました。もっともアメリカ盤mono LPのYesterday and Todayでですけど。いや〜もう最高!それにしてもRubber Soulから、しかも一曲目のこの曲をぶった切って他の編集LPの一曲目にぶち込むなんて、当時のUSA Capitalは何を考えていたのでしょうね。メンバーがブッチャーカバーにしたくなる気持ちも分かろうと言うもの。でもこのYesterday and Todayという編集盤は気に入っているんですよ。収録時間たった28分しかないんですけど、オリジナル盤を聴き慣れている耳にも何故か新鮮に聴こえるからもはやbeatles magicなのでしょう。あ、mono mixだからというのも確実にありますよ。ryo君、monoを聴くと、鳥肌が立つなんてものじゃないですよ!それと初めてbeatlesを聴くときのアルバム、ですが初心者には赤青盤でいいんじゃないでしょうか。気に入ったらオリジナルアルバム全部(No.9をのぞく)ということで。(しつこいようですが、できればmonoで。)
Commented by ryo_1989 at 2011-12-19 23:31
Dr.Tさん、どうもです!

>アメリカ盤mono LPのYesterday and Today

これ、以前からすごい気になっていました。どうしてレコード会社はコレを紙でリイシューしないのか!?、まぁいろんな権利関係でNGなのかなぁ。Dr.Tさんの書き込みで俄然気になり始めました。ブートでも良いから、Yesterday and Todayは聴きたい!
mono・・・発売当初から欲しかったmonoBox。しかし、キンクスの箱買ったり、同時期にジミヘンの箱買っちゃったりして、何故かスルーでした。やっぱり「紙」であること以上に音の塊がスゴイんですね。バラ売りしてくれないかなぁ。Please Please MeとWith the Beatlesはmonoで聴いてみたいです。赤青盤!そうですね、その選択肢がありましたね(笑)。
まとまったお金ができたら買いますか(おお!?)。
Commented by うーたん at 2011-12-20 22:15 x
アメリカの人口はイギリスの約6倍ですから、アメリカ市場というのはすごく重要なわけで、たとえビートルズであっても米キャピトルの言いなりだった・・・というのは理解できる話ではある。
アメリカでは当時アルバムに収録するのは多くても12曲までだったから、英EMI盤と同じ内容では発売できないというのが米キャピトル盤アルバムが英EMI盤よりも多い理由だから、「Yesterday And Today」は編集盤ではなくて、「Rubber Soul」に続くアメリカ11枚目のオリジナルアルバムだと思います。
Dr.Tさんみたいにキャピトル盤LPを聴けない僕らは、せめてiTunesに「Yesterday And Today」の曲順で編集し、ブッチャーカヴァーの画像もインターネットで良いのを探してきて、擬似「Yesterday And Today」楽しもうではないか!
厳密に言うと、「Yesterday And Today」のI'm Only Sleeping、We Can Work It Out、Day Tripperは英EMI盤とは別ミックスらしいが・・・。
とにかくDr.Tさんがうらやしいのです!
Commented by saya at 2011-12-20 22:48 x
"Rubber Soul"、ジャケットが印象的ですね。
"Nowhere Man"と"In My Life"が好きですね。特に"In My Life"は、間奏のピアノがいいですね。
"Michelle"は、フランス語の部分が印象的ですね。
"Norwegian Wood"のジョージのシタールも、ノスタルジックな感じでいいですね。
ジョージが作った"Think For Yourself"は、皮肉っぽい歌詞とポールのファズベースが印象的ですが、邦題が「嘘つき女」ってのがちょっとねぇ・・・。^^;
"Run For Your Life"は「浮気娘」ですよね。これもかなりいただけない邦題です(´ω`;)
"Girl"、息を吸う音が何とも言えませんね。ジョンのけだるい感じのボーカルもなかなかいい感じです。
Commented by Dr.T at 2011-12-21 00:42 x
うーたんさん、私が持っているのはもちろんブッチャーカバーではありませんよ、念のため。またbeatlesに関しては個人的にはoriginal UK盤以外は全て編集盤と考えています。というのも、mixもそうですが音質が全く違うからです(レコード音源での話)。ちなみに、you tubeにこのアルバムのmono音源まるごとアップされていますので、それで体感するのがもっとも手軽かと。いや〜、いい時代になったものです!
Commented by ryo_1989 at 2011-12-21 17:43
うーたんさん、どうもです!
ホント、US/UK盤にうといのですが、ビートルズという世紀のビックバンドにしては、リイシュー・リマスターがされてなさ過ぎな感は確かにありますよね。ブッチャーカヴァーをデフジャケかなんかにして、Yesterday and Todayを再発してくれたら、飛ぶように売れると思います。勿論僕なんか本でしかブッチャーカヴァーを見たことがないもので、実物を見てみたいですね。うーたんさんのアドバイスで今日iPodに、"疑似"Yesterday and Todayをプレイリストで作ってみました。確かにUK盤よりもスッキリしてて素敵かも♪
Commented by ryo_1989 at 2011-12-21 17:46
sayaさん、どうもです!
In My Lifeのピアノ、僕も大好きです!あれ、ジョージ・マーティンが弾いてるんですよね。やはりプロデュース業だけじゃ、ビートルズを高みに登らせなかったのでしょうね。スゴイ人物です。
Norwegian Woodの詩的な世界も、Run For Your Lifeの軽快さもラバーソウルならではですよね。
そう、邦題、確かに酷いですね(笑)。
許せるのは「ひとりぼっちのあいつ」ですかね(笑)。
Commented by ryo_1989 at 2011-12-21 17:48
Dr.Tさん、どうもです!

>個人的にはoriginal UK盤以外は全て編集盤

うひょー、なるほど!
これは斬新なご意見ですな♪やっぱレコードで集めたいよなぁ・・・だた部屋にターンテーブル置く場所も、LP置く場所も無いからなぁ・・・CDで埋め尽くしているのです(笑)。
YouTubeに音源が!?これは見つけてきますね♪
情報ありがたいです!
by ryo_1989 | 2011-12-19 00:21 | 買ったCD | Comments(14)

1989年(平成元年)生まれの音楽ファンによる音楽感想文集♪


by ryo