狂乱のライブ

昨日、新宿のユニオン本館に立ち寄ると、「1,000円紙ジャケコーナー」の在庫が更新されていた。
どんなもんかな、と物色すると、ジョニー・ウィンターの最新紙ジャケが!?
とりあえず、「狂乱のライブ」は捕獲しておいた。
c0166634_22375798.jpg

そんなわけで、さっそくiPodに詰め込んで、じっくりと聴いた。

いやぁ、どんだけギター弾くんだい、ウィンター殿(笑)。
サイドギタリスト、フロイド・ラッドフォードとのせめぎ合いは半端なモノではない。
滑らかでメロディアス、そしてブルージーな音色はまさに絶品。
このような、"ド"ブルージーな音楽ってあんまり聴いたことなかったけど、音楽の価値観が変わりそう。

とにかく、キュインキュインなギターに迫力のあるボーカル。
いやぁ、ジョニー・ウィンター、カッコいいっすわ!
Commented by ヨッシー at 2011-12-15 22:56 x
いいなぁ~「1,000円紙ジャケコーナー」羨ましすぎる!
Commented by slime-albertsan at 2011-12-16 07:27
このライブ盤、メチャクチャかっこいいですよね。私の愛聴盤です。
Commented by lee at 2011-12-16 21:45 x
僕も今年はジョニー・ウィンターの大ブームで、手当たり次第に集めまくりました!ストレートなブルース&ロックンロールで、どの盤聴いても最高です!ジョニー・ウィンターの聴き方。「手当たり次第に聴く」です。
Commented by ryo_1989 at 2011-12-16 21:51
ヨッシーさん、どうもです!
また東京に来られた際は、是非ともユニオン本館へ♪
時間が合えば、語り合いたいですね!
Commented by ryo_1989 at 2011-12-16 21:52
アルバートさん、どうもです!
カッコいいっすよね!
ギター弾きまくってて、よく指が吊らないなと思います(笑)。
Commented by ryo_1989 at 2011-12-16 21:53
leeさん、どうもです!
おお、小生と境遇が似ているかな?
確かに何も考えず、聴いていて、なおかつカッコイイという。
ウッドストックのCDで一気にファンになったクチです。
by ryo_1989 | 2011-12-15 22:44 | 買ったCD | Comments(6)

1989年(平成元年)生まれの音楽ファンによる音楽感想文集♪


by ryo