Time Waits For No One

もういつだったか忘れたが、ストーンズの編集盤を333円(例の・・・)でゲット。
タイトルはSucking in the Seventies。
c0166634_071426.jpg

以前は廃盤状態で、プレミアも付いていたが、「レアリティーズ」がリリースされたばかりに、用無しになってしまった、何とも物悲しいアルバム(笑)。

収録曲はこんな感じ。

1. Shattered
2. Everything Is Turning To Gold
3. Hot Stuff
4. Time Waits For No One
5. Fool To Cry
6. Mannish Boy
7. When The Whip Comes Down (Live version)
8. If I Was A Dancer (Dance Part 2)
9. Crazy Mama
10. Beast Of Burden

Time Waits For No Oneが入っているのがミソ。
なかなかベストに入り辛い名曲だけど、この盤で聴くと、なかなか良いアクセントになってます。
Everything Is Turning To Gold、When The Whip Comes Down (Live version)、If I Was A Dancer (Dance Part 2)を聴く為に、血眼になって探し周ったファンも多いでしょう。
そして、Made In The Shadeとコレに思い出がいっぱいな方も多いでしょうね。

なかなか憎めないコンピレーションアルバムです。
Commented by べーすぼーるべあー at 2011-11-04 00:28 x
こんばんは。このベストアルバム当時HOT STUFFのリマスター仕様のために買いましたが、途中で曲が次の曲に流れる変な仕様になってたので余りいい思い出無いです(笑)。しかし、アルバムには入ってない曲もあり趣向に凝った選曲ではありますね。
Commented by ryo_1989 at 2011-11-04 23:18
ベボベさん、どうもです!

>途中で曲が次の曲に流れる変な仕様

そうなんすよね、でもそこがこいつを憎めない理由かも(笑)。
そういえば、Black & Blueのリマスター盤、買おう買おうと思って買えてないな(汗)。
Commented by judas at 2011-11-05 08:18 x
どうもです。

「Sucking in the Seventies」は、リアルタイムでアナログレコードで買いました。
仰る通り「Made In The Shade」とコレはよく聴きました。
Stonesは、レギュラーアルバムよりも編集盤の方を良く聴いた気がします。

>Everything Is Turning To Gold
私はコレ目当てでした。
Commented by ryo_1989 at 2011-11-05 23:05
judasさん、どうもです!
Sucking in the SeventiesもMade In The Shadeもなかなか憎めないアルバムですよね。
ストーンズはアルバムの数が多いだけに、編集盤で聴いた方が光る楽曲もあるでしょう。
Fool to Cryなんかはそんな感じがします。
Everything Is Turning To Goldは悪い曲でもないけど、いかにもお蔵入りするぞ、って感じの楽曲ですよね(汗)。
by ryo_1989 | 2011-11-04 00:12 | 買ったCD | Comments(4)

1989年(平成元年)生まれの音楽ファンによる音楽感想文集♪


by ryo