You Little Fool

もう、「3枚で500円」シリーズが止まりません。
どんだけ新宿行ってんだ!?・・・って話ですが、幸い最寄駅から電車で一本、25分です(笑)。

さて、戦利品をちょびちょび紹介。
エルヴィス・コステロのImperial Bedroomです。
c0166634_02271.jpg

やっぱり自分にとって、レビューに書かれている「ポップ」って言葉が一番そそられる。
そんな「ポップスの王様」と言っても過言ではない、コステロの7thアルバムです。

Beyond Beliefの疾走感、Shabby Dollでの声の渋さ、Man Out Of Timeの予想できない展開。
そしてやっぱり全編通して「ポップ」なんだよなぁ。
You Little Foolなんか、何度聴いても素晴らしい。元気が出ます。

てことで、紙ジャケ(ボートラ無し)は売っちゃいました。
あんまり「リマスター」とかこだわりは無いのでね。

・・・とか言いつつひたすら「ビートルズ・ステレオリマスターを探す旅」は続くのだった。
Commented by tomfus1972 at 2011-10-18 01:03
このアルバム、自分も大好きです。
イイ曲ばっかりなんだよね!Loved OnesとかHuman Handsとか。サラッとこういうアルバムが潜んでいるのがコステロのディスコグラフィーの奥深さというか。
Commented by ryo_1989 at 2011-10-18 01:40
tomfus1972さん、どうもです!
Loved OnesとHuman Hands、俺も大好きです。
ホント、何のためらいもなくいきなりキラーチューンですからね・・・
やっぱり「ポップスの王様」な気がします。
by ryo_1989 | 2011-10-17 00:05 | 買ったCD | Comments(2)

1989年(平成元年)生まれの音楽ファンによる音楽感想文集♪


by ryo