Phoenix

Wishbone Ashの1stを紙でゲット。990円なり。
c0166634_22495995.jpg

まずジャケからして、地味で玄人向けなのかな・・・なんて思っていました。
買ってみたは良いものの、気にいらなかったらアレだな・・・と。

ところが聴いてみると、ギター・ベース・ドラムスがガッチリとキマり、骨太なロックサウンド!
アンディ・パウエルとテッド・ターナーの2本のギターが複雑に絡み合い、エキサイト!
特にPhoenixなんかは、「名曲」であることは知ってたけど、いざ聴いてみるとカッコいい!

別に地味な曲なんて一曲も無かったし、ジャケだけで判断しちゃいけませんね(苦笑)。
Handy~Phoenixの流れは、ロック史上に燦然と輝いていたのでした。
Commented by ヨッシー at 2011-09-23 17:25 x
紙で¥990!安い!!
オイラも紙で持ってるけど、新品で買っちゃってたなぁ~羨ましい。最近はよっぽどじゃなきゃ中古待ちにしてるけど、無くなると怖いからついポチっとしちゃう(汗)

確かに骨太かも。
Phoenixは壮大でいつ聴いてもいいよね~♪

Commented by ryo_1989 at 2011-09-23 21:53
ヨッシーさん、どうも!
新宿ユニオン本館です(笑)、あそこはある意味怖い場所でもあります(笑)。
シンプルなジャケですので、紙ジャケ映え(?)してます。
僕も今月の請求がおっかないですよ。

ウィッシュボーン・アッシュはまだまだ揃えてないアルバムが多数あるので、徐々に紙で集めていくつもりです♪
Commented by ヨッシー at 2011-09-23 22:51 x
「永遠の女神」って哀メロ全開の曲や、ツイン・ギターの極みが味わえる「F.U.B.B」が入ってる「永遠の不安」、「ライヴ・デイト」リリースごに脱退したテッド・ターナーに代わってローリー・ワイズフィールド加入後初のアルバム、おススメだよ。

って、持ってたらゴメンです。
Commented by ryo_1989 at 2011-09-23 22:58
ヨッシーさん、どうも!
There's The Rubは持ってますよ♪
個人的に気になっているのは、ローリー期なんですよね。
確かライヴ・デイトって、「2」出てましたよね???
ウィッシュボーン・アッシュ、正直詳しくないです(汗)。
ただアーガスなら持っています♪ライヴ・デイトの「1」も!
Commented by ヨッシー at 2011-09-24 21:33 x
「There's The Rub」持ってたんだ♪
ただ、この後の3作は、かなりアメリカナイズされた内容になって、叙情味は薄れていくみたいね。
ちょうど高校生だったから、アルバム評読むと手は出せなかったから聴いてないんだけどね。今聴いたら気に入るかもだけど。

「ライヴ・デイト2」も出てるけど聴いてないんだ(泣)
Commented by ryo_1989 at 2011-09-24 22:31
ヨッシーさん、どうも!
ローリー期は、カラッとしてて、湿度が低いんですよね。
ホント、典型的なアメリカンロックっぽくて。
評論家たちも、イギリス臭いアルバム聴いちゃったから、評価も割れたのでしょう。
安かったら、ライヴ・デイトの「2」聴きたいですね♪
Commented by rollingwest at 2011-09-25 21:19
ウィッシュボーンといえばやはり「百眼の巨人アーガス」!当時、ツインリードギターという新しいスタイルの出現に度肝を抜かれました。
Commented by ryo_1989 at 2011-09-26 00:29
ローリングウエストさん、どうも!
「アーガス」、大好きです!
渋いけど、カッコいいですよね。
「アーガス」はそろそろDXエディションに買い換えたいところです。
by ryo_1989 | 2011-09-22 22:45 | 買ったCD | Comments(8)

1989年(平成元年)生まれの音楽ファンによる音楽感想文集♪


by ryo