Back & Forth

フー・ファイターズの新譜、Wasting Lightを入手。
c0166634_105537.jpg

前作、Echoes, Silence, Patience & Graceが非常に良かったので、新作にも大変期待をしておりましたが、このベテランバンドがとんでもないアルバムを届けてくれました!

全編、「グランジ」「オルタナ」とジャンル分けするのが馬鹿らしくなるほどの傑作。
オープニングのBridge Burningから捨て曲は一切ナシ。
疾走感、重量感、サウンドの隅から隅までカッコ良すぎます。
デイヴ・グロール・・・凄いぞ!!!

7曲目のBack & Forthなんかチビるくらいカッコ良いぜ!!!
Commented by petty at 2011-04-21 11:54 x
ryoさん、こんにちは。
買いましたね!フーファイ!!
今回めずらしく、CDよりアナログが先にデリバリーされました。
アナログレコーディングの固執したデイヴ・グロールの
回答といった感じのサウンドですね。
フーファイをジャンル分けするならカテゴリーは・・・
「フー・ファイ」ですね。
ゼム・クルックドを経て
デイヴはまた大きな成長を遂げたと思います。
私はゼム・クルックドっぽい2曲目がお気に入りです。

CDにオマケで入っていたマスターテープ?の断片。
本物なのかなぁ〜(笑)
Commented by ryo_1989 at 2011-04-22 23:10
pettyさん、お久しぶりです!
今回のフーファイ、良いですよね。
地味に最高傑作ではないかと思っております。前作も良かったんですけどね。
アナログ、いかれましたか!この迫力あるサウンドをレコードで聴いてみたいものです。とにかくジャンルは、「フーファイ!」ですよね。これはニルヴァーナと同じだと思います。
僕は1~4の流れが好きですね。
あー、オマケ、ありましたね。僕は大事にしまいました(笑)。
by ryo_1989 | 2011-04-17 01:04 | 買ったCD | Comments(2)

1989年(平成元年)生まれの音楽ファンによる音楽感想文集♪


by ryo