The Beat Goes On

震災の何日か前に買ったのは、元oasisのリアム・ギャラガーの新バンド、ビーディー・アイの1st!
c0166634_22541912.jpg

正直、oasisのラストアルバム、Dig Out Your Soulにはガッカリしたものです。
あんなグルーヴだけのバンドなんて、oasisじゃない。
あの素晴らしいメロディーラインとリアムのアッパーな声がoasisなんだ・・・と。

で、このバンド。正直期待はしてませんでした。どうせ、また後期oasisのノリなんだろ!?...ってね。

聴いてみたらビックリ!これはRock 'n' Roll Star・・・いやUp In The Skyじゃないか!?

Four Letter Wordはまさに初期oasisの楽曲そのもの。テンション上がりまくりです。
サウンドはwhoなのに、歌詞はBeatles And Stonesだったり・・・
For Anyoneは、まさかのネオアコだったり・・・
The Beat Goes Onは気持ち悪いくらい、ビートルズだったり・・・

素晴らしい。やったな、リアム。
2ndを期待して待ちながら、もうちょっと聴きこみます。
Commented by MCMLXV_65 at 2011-04-10 01:50 x
こんばんは、ryoさん。私もこのBeady Eyeのデビュー盤、遅れて手に入れました。

というのも、先日のロンドンで行われたJapan Benefit Gigでライブでプレイされたこのアルバムからの曲がとても良く、1曲目の『Four Letter Word』には思わず鳥肌が立ってしまいました。

その他のプレイした曲にもいい曲があって、その後、ネットで即注文してしまいました。Liamがどれだけパワーを注いでいたのか、正直侮っていました!
Commented by ryo_1989 at 2011-04-10 23:21
MCMLXV_65さん、どうも!
良いですよね、ビーディー・アイ。なかなかやりますね、リアム。
実はJapan Benefit Gigを一秒も観ても聴いてもいないのです。
ポール・ウェラーだったりプライマル・スクリームだったり、大好きなアーティストが演奏してくれたにも関わらず・・・DVD化されたら即効買っちゃうだろうな。
リアムのソングライティング能力の高さを実感します。
Four Letter Wordはしびれますよね!
by ryo_1989 | 2011-04-09 23:00 | 買ったCD | Comments(2)

1989年(平成元年)生まれの音楽ファンによる音楽感想文集♪


by ryo