Stranger In My Home Town

新宿ユニオン中古センターで、フォガットのTight Shoes(未開封新品)が1,000円だった。
後期フォガットはQuoにも通ずるポップロックで大好きなのだ。
c0166634_0465420.jpg

今日、iPodで聴き通したが、これが良く出来たポップアルバムだった。
とにかくメロディーがひたすらキャッチーで、ブギーバンドだった今までのフォガットとは一線を置いたサウンドである。ブルージーな香りは一切しないのが驚きでもあった。

このアルバムを持って、ギターのロッド・プライスが脱退。フォガットは末期に突入するのだった。
by ryo_1989 | 2011-02-04 00:41 | 買ったCD | Comments(0)

1989年(平成元年)生まれの音楽ファンによる音楽感想文集♪


by ryo