Snow Queen

お茶の水のユニオンで、キャロル・キングが在籍していた伝説的バンド、The Cityのアルバムを買った。
紙ジャケではないけど、リマスター盤で700円はお買い得でしょ。
c0166634_2158849.jpg

ボーカルとキーボードがキャロル・キング、ギターがダニー・コーチマー、ベースがチャールズ・ラーキー、ドラムスがジム・ゴードン・・・となかなか玄人受けするメンツ。
とにかく、「素朴」なキャロル・キング。シンプルで瑞々しい、頭がスッキリする音楽です。
聴けば聴くほど、味が出てきそう。

キャロル・キングはライブ盤(タワレコで1,000円)を買おう買おうと思ってて、買えてないな。
Commented by tomfus1972 at 2010-12-06 23:13
これはホント名盤!Tapestryより好きかも、です。
ライブ盤はカーネギーホールのヤツですか?
アレも素晴らしいですよ!
Commented by fugrisox at 2010-12-07 01:14 x
Ode時代のキャロル・キングはどれも安く買える上に良いアルバムばかりですよね。
タペストリー以外ほとんど評価されないのは実にざんねん
Commented by 240_8 at 2010-12-07 06:17
おはようございます。
コレ、いいアルバムですね。少人数編成ですが、妙に緊張感もあったりして。
楽曲も素晴らしいものばかり。名曲集といった感じですね。
個人的にはモンキーズのカバーが素晴らしい「Man Without A Dream」がお気に入りです。
もちろんキャロルのカーネギーもオススメです。
Commented by ryo_1989 at 2010-12-07 22:49
tomfus1972さん、どうも!
Tapestryよりも瑞々しい感じがしますよね。
やっぱりカーネギーは良さげですね・・・安いし買っちゃおうかな。
Commented by ryo_1989 at 2010-12-07 22:53
fugrisoxさん、どうも!
キャロル・キングの「つづれおり」以外は5CDのボックスで持っています。
ホント、どれも名盤ばかりで、改めてキャロルの才能には参ります。
Commented by ryo_1989 at 2010-12-07 22:56
240_8さん、どうも!
シンプルなバンド構成が、名曲名演に繋がったと思います。
ソロになった時よりも、瑞々しさを感じますね。
モンキーズ大好きな240_8からすると、Man Without A Dreamのカヴァーはたまりませんよね。
そこまでモンキーズ詳しくない俺でも興奮しました(笑)。
ライブ盤、欲しいな!
by ryo_1989 | 2010-12-06 22:06 | 買ったCD | Comments(6)

1989年(平成元年)生まれの音楽ファンによる音楽感想文集♪


by ryo