Heaven And Hell

お茶の水のユニオンで、Whoのワイト島でのライブが未開封新品で1,000円だったから買った。
c0166634_2362924.jpg

あの「ウッドストック」と並び、伝説の野外フェスと呼ばれた、1970年のワイト島ライブ。
Whoはそのトリを務めたのでした。
リーズ大学のライブとほぼ同時期だけに、素晴らしい演奏が聴けるのが本盤。特にTommyメドレーは圧巻!
そしてWhoのライブと言えば、Heaven And Hellから始まるのですが、この盤は特にジョン・エントウィッスルのベースが凄い迫力です!
またShakin' All Over / Spoonful / Twist And Shoutの6分そこそこながら、聴く側としてボリュームを感じる、熱い演奏!やはりWhoはライブバンドなんです、と、改めてこの盤が教えてくれた気分です。

観衆はなんと60万(!)人。いやぁ、ロックが「生きてた」時代だったんですねぇ・・・。
Commented by daisuke_Tokyocity at 2010-11-18 00:37
今月末発売のリーズ・デラックス・エディションの発売が楽しみ。
この記事はリーズDXのプレ記事かな?(笑)
WHOもライヴが命!名演が多いよね。

ryo君のような音楽ライフが一番健全だよ。紙やプラケに拘っていないところは素晴らしいです。
Commented by takanori678 at 2010-11-18 21:53
どーもこんばんは。678です。

このフェスは無料化を訴えた一部の観客が暴徒化するなどすでに60年代のムーブメントの終焉を実感させる側面がありますね。


マイルスは電化しますし既に若手実力派だったフリーも現れてます。そういう視点から見ても好きなライヴですね(笑)
Commented by ryo_1989 at 2010-11-18 23:28
大介さん、どうも!

>今月末発売のリーズ・デラックス・エディションの発売が楽しみ。

あ!?忘れてた・・・どうしよう、欲しい(笑)。
ブートでも良い音源、結構出てるんですよね♪
やはりWhoはライブが一番(ケニー期もね)ですね。

>紙やプラケに拘っていないところは素晴らしいです。

紙・プラケの拘りってホントにありません。
コレクターとしてはどうかと思いますが(汗)。
Commented by ryo_1989 at 2010-11-18 23:29
678さん、どうも!

>60年代のムーブメントの終焉

ウッドストックの映像とか見ても、ホント凄まじいんですよね、空気が。
途中で豪雨になったりして(笑)。
電化マイルスもフリーも、ジェスロ・タル(!)も出てるんですよね。
いやぁ、1970年のワイト島にタイムスリップしたい(笑)。
by ryo_1989 | 2010-11-17 23:12 | 買ったCD | Comments(4)

1989年(平成元年)生まれの音楽ファンによる音楽感想文集♪


by ryo