Live With Me

先週、新宿のユニオン中古センターで、ハンブル・パイの3rd(レパトワ盤!)が800円。未開封新品。
c0166634_104329.jpg

パイは1stと2ndを「2in1+ボートラ」盤を持っていて、それは結構聴いていた。
The Sad Bag Of Shakey Jakeとか大好きだしね。
あとは、Rock On、Performance: Rockin' The Fillmore、Smokin'、Street Ratsを所有しており、ほぼコンプリートなんだけど、Eat ItとThunderbox、そしてこの3rdは持っていなかった。

パイは大好きなバンドで、スティーブ・マリオットのソウルフルな熱い声とグレッグ・リドリーの骨太さがツボなのである。で、3rdも期待を裏切らなかったわけだ。
特に一曲目のLive With Meは8分弱(!)、ひたすらヘヴィで激しい演奏。
もうこれがパイの真骨頂といった具合。
ドラムスのジェリー・シャーリー作のカントリーロックやピーター・フランプトンも積極的に歌っていることから、「バンド」の色合いを強く感じる。

やっぱりカッコいい。財布が許すのであれば、今すぐEat ItとThunderboxを聴きたいものである。
女性コーラスが入ったパイって一体・・・どんなだ!?
by ryo_1989 | 2010-10-15 01:09 | 買ったCD | Comments(0)

1989年(平成元年)生まれの音楽ファンによる音楽感想文集♪


by ryo