Touch Me When We're Dancing

昨日、中野のユニオンで後期カーペンターズのアルバムを2枚買いました。
一枚はカレン存命中、最後のアルバムとなってしまった、Made In America。
c0166634_2175090.jpg

紙ジャケで800円(ユニオンでは全中古品200円引きでした)。かなり良い買い物でしょう。

さて登下校時のBGMとして聴いてみましたが・・・

ホント、拒食症という病にかかっているとは思えないボーカルです。
艶があって、品がある。さらに高音もよく出ています。
Touch Me When We're Dancingでのカレンの声&コーラスは極上モノでございます。

Because We Are In Love (The Wedding Song)は歌詞カードを見ながら聴くと、涙が流れそうになるほど美しい名曲。

カーペンターズのアルバムというと、A Song For YouやNow & Thenですが、少し過小評価気味な後期のアルバムも捨てがたい魅力を持っていることが分かって、なんだか、幸せだなぁ。
Commented by D♂ka at 2010-04-26 21:53 x
ってーか基本的に怖い顔の兄妹なんだな。
Commented by fugrisox at 2010-04-26 23:48 x
Those Good Old Dreamsのビデオで、
インサートされる昔の写真とはあまりに変わり果てた
痩せこけた顔で歌う当時のカレンの姿には悲しみを禁じえません

でも、心身の不調をおくびにも出さぬアルバムの質の高さには
カーペンター兄妹のプロ意識や底力を感じます(-ω-` )
Commented by ryo_1989 at 2010-04-27 21:42
師匠、「怖い」ってーか「凄み」ですよ。
Commented by ryo_1989 at 2010-04-27 21:43
fugrisoxさん、どうも!

>痩せこけた顔で歌う当時のカレンの姿には悲しみを禁じえません

演奏は見たいですけど、そんなカレンは見たくありません(涙)。
ホントに長生きしてほしいシンガーでした。
この作品も闘病中とは思えない出来。
いやぁ~、参りました。
Commented by D♂ka(心無し) at 2010-04-27 22:40 x
いや、怖い。なんか「外人」って感じがする。話通じなさそうな顔だもん。ずっと「HA!HA!HA!」って笑ってそうでさ。
by ryo_1989 | 2010-04-26 21:12 | 買ったCD | Comments(5)

1989年(平成元年)生まれの音楽ファンによる音楽感想文集♪


by ryo