On With The Show

c0166634_0141824.jpg

プログレの大作「曼荼羅組曲」をリリースしたマンダラバンドに元ジャイロのポール・ヤングとイアン・ウィルソンが加わったハード・ポップ・バンド、Sad Cafeの2in1CDを購入した。
The Digのブリティッシュ・ハード・ロックのアルバムガイドでジャケのインパクトが凄くて、ずっと気になっていたバンド。やっとGetすることができました。結局Amazonなんですけどね(笑)。
で、中身なんですが...買って良かった!すげぇカッコいいじゃないですか!
いわゆる「B級ハードロック」なんだけど、そのB級感が心地良いです。
コーラスも女性シンガーに頼るのではなくメンバーが担当しているのポイント高し。
更にギターが巧いんですよね。
Disc1のFanx Ta-Raはアーシー感さえ漂いますね。
で、Disc2のMisplaced Idealsはビートが効いてて、Mr.Big(UK)とかThin Lizzyが思い浮かびました。
ただAORの雰囲気もあるし、これはハイセンスですな。

まだまだ集めたいB級ハードって山ほどあるんですよね。
受験終わってバイトでもしたら結構集められるかな???

そんな訳で明日は志望校の模擬授業なんですね。科目は臨床心理です。レポート書いて、自己推薦文書いて、受かるといいけど(汗)。
頑張ります!
Commented by shintan_vol-2 at 2010-02-21 19:24
こんばんは~ TBありがとうございました。
ハードでファンキーでジャジーでAORっぽくて、ほんと何でもありって感じですが、不思議との曲にもきれいに収まってるんですよね・・・
僕が記事にしたUS盤のジャケも好きではあるんですが、UK盤の強烈なのがやっぱり欲しいですね。
Commented by ryo_1989 at 2010-02-21 20:55
shintanさん、お帰りなさい!

>ハードでファンキーでジャジーでAOR

そうそう、ごちゃ混ぜジャンルですが、散漫な感じはしませんよね。
シンプルなミディアムナンバーが大好きですね。

>US盤のジャケも好きではあるんですが、UK盤の強烈なのがやっぱり欲しい

ってか、ちょっとグロジャケですけどね(笑)。
あの程度なら笑えますよ。
いやぁ、奥が深い...
by ryo_1989 | 2009-11-23 00:14 | 買ったCD | Comments(2)

1989年(平成元年)生まれの音楽ファンによる音楽感想文集♪


by ryo